vol.39 ALSOK × タナベ経営 SPコンサルティング本部

4 / 5ページ


2018年12月号
 
幼稚園・保育園とのネットワークが広がる
 
 

201812_mono_05

監視センターで画像を監視し、安全・安心を見守る「ALSOK-GⅤ(ジーファイブ)」


 
 
「さすまた教室は、一方的に講義を行うスタイルではなく、講師である当社社員と幼稚園・保育園の先生方が一緒に取り組む参加型の教室であり、現場の実情を知る機会になりました」と加藤氏。また、さすまた教室の実施がきっかけになり、ある県の私立幼稚園連盟からAED(自動体外式除細動器)50台を受注するなど、予想外のビジネス上のつながりも生まれている。

 
さすまたなどの防犯ツールや防犯カメラ、緊急時用のAEDに加え、幼稚園や保育園では今、最先端セキュリティシステム「ALSOK-GⅤ(ジーファイブ)」の採用が広がっている。このシステムは、同社の監視センターで画像センサーにより現地の画像を監視しながら、異常時には音声で威嚇・警告し、ガードマンに現場急行を指示する仕組みだ。幼稚園や保育園の職員は女性が多く、少人数体制で勤務する現場も多い中、「画像監視によって『近くで見守っているような安心感』を持っていただける」(加藤氏)ことから好評となり、徐々に販売数を拡大している。
 
 
 
1 2 3 4 5