vol.44 アオバサイエンス × タナベ経営 SPコンサルティング本部

3 / 3ページ

201610_monogatari-02
2019年10月号
 
 
リニューアルは「スタート」
“生きているHP”を目指して

 
アオバサイエンスの新HPは、随所に工夫が凝らされている。例えば、トップページでは同社の提供する機器がどのようなシーンで利用できるか、フロー図を用いながら分かりやすく説明している。
 
さらに、同社で機器を購入した場合のメリットも提示。メンテナンスなど手厚いサポートやスピーディーな相談対応、ニーズに合わせて複数メーカーから最適な機器が選べることなど、同社の強みが視認性の高いレイアウトでまとめられている。
 
また、同社のソリューションをイメージできるように、これまで同社が行った計測機器診断の好事例を掲載。どのような相談に対し、同社がどのようなアドバイスを行ったか、イラストを用いながらストーリー仕立てで紹介している。
 
そして「測定室」の販促効果を向上させるため、新たに専用ページも立ち上げた。タナベ経営がリニューアル後の経過を観察・分析し、今後もさらなる改善提案を行っていく予定だ。
 
その他、講座やニュースリリースなどのインフォメーション機能も充実。同社が東北各地で開催している「スキルアップ講座」(セミナーを兼ねた展示会)の応募フォームを用意し、HPから参加申し込みができるようにした。過去に開催した講座内容なども時系列で掲載している。
 
リニューアルを担当した営業部技術グループ兼IT部門担当リーダー(係長)の佐藤潤一氏は、今後の課題についてこう話す。
 
「講座の開催リポートについては、もっと当日の様子が分かるように画像なども掲載しながら、充実したコンテンツにする予定です。タナベ経営と打ち合わせをしながら、お客さまが知りたい情報を発信し、興味を持っていただけるように改善していきたいと考えています」
 
アオバサイエンスの新しい顔となったHPは、顧客をはじめ社外からの評価が日増しに高まっている。だが、同社はそれに満足することなく、次のステージへと歩み始めている。
 
「当社が目指すのは生きているHPです。今回のリニューアルは、あくまでもスタート。社内からの感想や意見を取り入れて、改善点や付加価値をつけて育てていきたいと考えています」(関本氏)
 
現在、同社は本社近接地に新社屋を建設中で、2020年5月に本社を移転する予定という。新しく生まれ変わるアオバサイエンスが、これからどのような情報をHPで発信し、ユーザーや学生との距離を縮めるツールとして機能させていくのか、興味は尽きない。
 
 

中央左が関本社長、同右が佐藤氏(アオバサイエンス本社内「測定室」にて)

中央左が関本社長、同右が佐藤氏(アオバサイエンス本社内「測定室」にて)


 
 

PROFILE

  • ㈱アオバサイエンス
  • 所在地:宮城県仙台市太白区富沢1-5-30
  • 創業 : 1947年年
  • 代表者:代表取締役社長 関本 満則
  • 売上高:45億円(2018年9月期)
  • 従業員数:61名(2018年9月現在)

 



 
今回のきっかけは、アオバサイエンスの営業強化を支援させていただいていたタナベ経営のコンサルタントからの紹介でした。「営業支援、採用対策ができるHPを作りたい」との関本社長の想いを受け、なんとしても社内に眠る財産情報を集め、“訴求用の武器情報”への変換を成功させたいと感じていました。
 
どの企業にも、その企業にしかない魅力や財産があります。それをターゲットの心へ訴え掛け、そこから何かを感じ取ったターゲットに行動を起こしてもらうことが私たちの仕事です。今回の取り組みは、まさに始まりの第一歩。今後も共に「HPを成長」(関本氏)させるべく、並走していきたいと思います。
 
 

SPコンサルティング本部 副本部長 SPディレクション部長 脇阪 佳人

SPコンサルティング本部
副本部長 SPディレクション部長
脇阪 佳人


 
 
SPコンサルティング本部 SPコンサルタント 藤島 安衣

SPコンサルティング本部
SPコンサルタント
藤島 安衣


 
1 2 3