M&Aで企業の持続的成長を支援する

明確なM&A戦略の策定からその後の成長支援まで、
一貫した支援を行うことで、
譲渡側・譲受側双方の持続的成長を可能にします。
創業以来60年以上、経営コンサルティングを
本業としてきた
タナベ経営だからこそできる、
分析~実行・実務までサポートするトータルM&A支援です。

買収をご検討の方はこちら 売却をご検討の方はこちら

M&Aに向けた戦略策定から経営統合まで一貫してタナベ経営がサポートします。

タナベ経営の
M&Aコンサルティングサービス

M&A買収をゴールとせず、
自社が成長するM&A戦略を描く

M&A戦略の策定
コンサルティング

  • 支援期間:4ヵ月
  • 単に割安である、あるいは売手から依頼されてやむなくというスタンスで実行するM&Aは高い確率で失敗します。M&Aを成長の手段として活用することを前提として、自社の現状と目指すべき姿、そのための道筋が明らかになっていなければいけません。
    • 自社の成長戦略の確認
    • 環境分析、事業別KFS分析、ポジショニング分析等の各種事業力分析
    • M&A戦略の策定
    • M&A検討にあたる組織体制の確立
    • 投資シミュレーション、撤退判断基準の策定

仲介方式でなく貴社に寄り添い
M&Aでの成長をサポート

M&A戦略の策定
アドバイザリー支援
(M&A交渉サポート)

  • M&Aに関連する一連のアドバイスと契約成立までの取りまとめ役を担います。
    売り手と買い手の間にM&Aアドバイザーが着任し、中立的な立場で助言を行う「仲介方式」に対して、弊社では、売り手と買い手それぞれにM&Aアドバイザーが着任し、それぞれの立場で助言を行う「アドバイザリー形式」を行っており、特に買い手側のアドバイザーとしてM&Aを支援します。
    • M&A案件のご紹介
    • 相手候補先の初期分析
    • 最適な買収形態の検討
    • トップ面談、現地視察
    • 条件交渉、契約書サポート

紹介待ちでない、
攻め(仕掛け型)のM&A

ターゲットM&A
コンサルティング

  • 支援期間:2ヵ月
  • 単に割安である、あるいは売手から依頼されてやむなくというスタンスで実行するM&Aは高い確率で失敗します。M&Aを成長の手段として活用することを前提として、自社の現状と目指すべき姿、そのための道筋が明らかになっていなければいけません。
    • 中期ビジョン、M&A戦略の確認
    • 買収候補先リストの作成
    • M&A候補先リストの絞り込み、ショートリストの作成戦略の策定
    • ショートリスト優先上位のアプローチ方法の検討、提案書の作成
    • 優先上位への買収仕掛け提案
      ※買収の保証はできません
    • タナベ経営が貴社の戦略に沿った
    • までをトータルサポート。

情報収集およびリスクの洗い出し

デューデリジェンス

ビジネス
デューデリジェンス

  • 支援期間:2ヵ月
  • タナベ経営には、事業領域(ドメイン)別に専門コンサルタントが在籍しているため、どのような業種・業態のデューデリジェンスにも対応することができます。
    コンサルタントが、その業界で培ってきた知識や経験をもとに調査・分析をし、商習慣をはじめ、表には出てこない課題や強みまでをも把握することが可能となります。
      • ヒアリング
      • コンサルタントがお伺いし、ビジネスデューデリジェンスを必要とされている目的やスケジュール、調査対象会社の概要などをヒアリングいたします。

      • 調査範囲スケジュールの
        決定
      • ヒアリング結果をもとに、調査対象となる会社のどのような調査資料が必要なのか、どのようなスケジュールで実施するのかをご報告いたします。

      • 調査対象会社訪問
      • 調査対象会社に弊社のコンサルタントがお伺いし、簡単なヒアリングを実施いたします。その上で、必要となる資料や情報等の依頼をいたします。

      • 調査対象会社
        ヒアリング
      • 必要となる資料や情報等を確認したのち、メンバーリングを行います。調査対象会社にコンサルタントがお伺いし、担当者ごとのヒアリングを実施いたします。

      • 調査・分析
      • 資料や収集した情報、担当者別のヒアリング内容等から調査・分析を実施いたします。

      • 報告書の提出
      • 調査・分析した結果を報告書として作成します。
        ビジネスデューデリジェンスの依頼から報告書の完成までは、企業規模や実施内容にもよりますが、おおよそ1ヵ月~2ヵ月です。

情報収集およびリスクの洗い出し

デューデリジェンス

財務
デューデリジェンス

  • 支援期間:2ヵ月
  • 財務デューデリジェンスでは、対象会社の財務諸表が経営の実態を正しく反映しているかの調査および実態財務諸表に基づく収益力の評価を行います。
      • 対象会社から事前に取得した資料をベースに沿革・株主構成・組織構成などの基礎情報を調査します。
      • ・資産項目や負債項目の調査により、実態バランスシートの作成を行います。

        ・オフバランス項目も併せて検討します。

      • ・対象期間の損益の変動の要因分析及び事業所別(及びセグメント別)の損益の把握

        ・買収対象会社の非経常的な損益を除いた「正常収益力」を算出し、持続可能な将来的収益の獲得能力を測ります。

      • ・キャッシュフロー計算書の推移を分析することで、運転資本や資本的支出(過去の設備投資に関わる部分等)の分析を行います。 

想定シナジーを実現させる
統合作業

PMI(経営統合)
コンサルティング

  • M&Aの成功には、スムーズな経営統合を実現する“PMI(Post Merger Integration : 経営統合)戦略”が極めて重要です。統合シナジーの最大化に向け、「経営方針・事業の統合」「 組織・制度の統合」 「経営管理・システムの統合」という3つの面での統合計画を策定します。
    • PMI
    • 経営方針・事業の
      統合

      対象会社のビジネス
      分析、
      経営方針、
      中期事業計画
      など

    • 組織・制度の
      統合

      対象会社の従業員
      へのヒアリング、
      人事制度、
      職務分掌規程、
      決裁権限、
      コミュニケーション
      パイプなど

    • 経営管理・システムの
      統合

      管理会計導入/
      決算早期化、
      内部統制、
      システム統合
      スケジュール、
      社内制度整備など

  • 総合計画策定スケジュールの一例

ノンコア事業の売却、
グループ会社の完全子会社化

事業再編
コンサルティング

  • 支援期間:6ヵ月~12ヵ月
    (事業ポートフォリオの整理から実施する場合)
  • 既に持っている事業を整理して、ノンコア事業を切り離し、コア事業に経営資源を投入することで、より収益性の高い事業ポートフォリオを構築することができます。また、複数のグループ会社を持つ企業は、各社との関わり方を見直すことで、グループ全体の収益力の向上を目指します。
    • <事業売却>
    • 現状の事業ポートフォリオを整理
    • 整理したポートフォリオを基に、コア事業とノンコア事業に分類
    • ノンコア事業に関わる製品・設備・人材などの範囲を確定し、売却候補先を探索
    • 探索した候補先との交渉
    • 事業の売却および残った事業に対する今後の戦略の立案
    • <グループ会社整理>
    • グループ経営の現状認識と最適経営に向けた関わり方(出資比率など)の検討
    • グループ会社の売却を選択した場合の候補先との交渉
    • グループ会社に対するガバナンスの見直し

他社との比較

タナベ経営のセミナー