ブランディング
戦略策定支援

ブランディングの基本戦略から全社活動まで。
最適な実行策を通じてブランド価値の向上を支援します。

Purpose 目的

自社のブランドコンセプトを定め、ターゲット、提供する顧客価値(バリュー)を明確化し、ブランディング戦略を構築・推進します。策定した戦略にもとづいた最適なアウターブランディング、インナーブランディングの実行策まで、ブランド価値の向上をサポートします。

ブランドとは何か。自社が目指すべきブランドの方向性は。またそれらを実現するためのプロセスとは。そんな疑問に、わかりやすくまとめた動画でお答えします。ブランディング戦略策定支援のご紹介動画。ぜひご覧ください。

Effect 効果

自社の強みを磨き、ブランディング戦略の方向性を決定

自社の強みを発揮するための、3つのブランドの素材

  • 顧客価値(ソリューションブランド)…商品・サービスや技術をブランド化
  • 人材価値(エンプロイーブランド)…レベルの高い社員や独自の社風をブランド化
  • 社会価値(ミッションブランド)…社会的課題の解決力をブランド化

自社のブランドの素材価値を発見し磨くことで、
ブランディング戦略を方向付けます。

Content 内容

ブランド価値の発見と基本戦略(約3ヶ月間)
社内外やWebアンケートにより、ブランドイメージとそのギャップなどを調査。調査結果と理念を軸に、ブランドコンセプトを構築。さらに、ターゲットやバリューの設定・発見に取り組み、ブランディングの基本戦略を策定します。
ブランドの再編集と体制づくり(約3ヶ月間)
自社の理念にもとづき、ブランドの再編集と推進体制をつくります。そのために、ブランドストーリーの作成と発信を行うキュレーション、ブランドを維持・管理する社内ルールの設計を行うマネジメントを実施します。
ブランド展開の全社活動(約6ヶ月間)
インナーブランディングとして、ブランドブックの企画・作成や教育カリキュラムの構築により、社内へのブランド浸透をはかります。アウターブランディングとして、ブランドプロモーションの再設計とブランドコミュニケーションの仕組みづくりを行います。