地方創生 “三方よし”
アライアンスモデル

成長戦略を支援できる
金融機関が生き残る

  • 地方企業
    経営者こそ、地方創生の主人公。環境変化に対応するビジネスモデルを展開し、FCCを目指す。企業が持続的に成長することで産業を活性化させ、雇用・納税でも地域に貢献することができる。
  • 地域金融機関
    地元企業を元気にすることこそ、地域金融機関の共存の道。金責任をもって地元エリアの取引先企業の成長や再生に手をつくす。財務視点のアドバイスと融資で成長支援を行う。
  • タナベ経営
    地域金融機関とのアライアンスにより、数多くの中堅・中小企業を支援してきたコンサルティングノウハウを駆使し、事業視点、経営視点で貢献。また、金融機関の事業性評価スキル強化をサポートする。

想定効果

地域企業への
成長支援

個別、かつ具体的な企業の成長課題に対応することができ、より効果的な支援が可能。地域経済・社会の活性化に結びつきます。

事業性評価の出口となる
成長戦略を提言

経営改善についての経営相談を無料で行うことで顧客ロイヤリティが向上。経営相談を機会に成長資金(融資)の場を提供します。

擬似コンサルティング
経験による提案力の向上

担当の行員様も、経営相談に同席することにより、コンサルタントの企業の診方を現場で体験いただけます。

フィービジネスによる
紹介手数料の収入

この取り組みでの連携により、コンサルティングが成約した際、弊社規定の紹介手数料をお支払いいたします。

展開フロー

※連携にあたり、かかる費用はございません。

対 象
貴行お取引先中堅企業

提供サービス
成長戦略コンサルティング

支援期間

6カ月~12カ月

(ご支援内容の範囲によって異なります)