コンサルタントEYE

待ったなし!パート・アルバイトの人事制度改革

同一労働同一賃金が迫る、正社員、パート・アルバイトの垣根を超えた「働き方と処遇のフレーム再構築」

  • 人事制度構築
多様な働き方の提供によるエンゲージメントと
生産性の両立を目指す

まずは現行人事制度を前提とした
「不合理な格差」の是正を検討

まずは現行人事制度を前提とした「不合理な格差」の是正を検討 いよいよ同一労働同一賃金がスタートした。これにより、単純に人件費の圧縮を目的とした非正規社員の雇用は難しくなるだろう。合理的な理由なく賃金格差をつけることが許されなくなるからだ。しかし多くの企業にとって、非正規社員雇用の目的が「人件費の圧縮」であったことは事実であり、その「安価な人件費」を前提とした収益構造が組まれていることから、法対応を目的とした安易な賃金アップは困難である。そこでまずは現行制度の維持を前提に、「格差の理由」を設定せざるを得ない。職務内容の見直しは必須として、責任範囲、職務変更、転居転勤などの各種条件について、正規と非正規での違いを明確にすることが、最低限求められるだろう。

全社員を巻き込んだ働き方改革は必須

全社員を巻き込んだ働き方改革は必須上記対応は、あくまでも法対応に過ぎない。やはり抜本的な人事制度、働き方改革に着手することが不可欠である。同一労働同一賃金への対応は、まずは非正規社員の処遇にフォーカスされるものの、結局、正規社員の果たすべき責任や役割、生産性を再定義することに繋がるからだ。両者の格差は「働き方と処遇の合理的関係」に収斂され、お互いの垣根はより低くなるこだろう。シンプルに言えば「責任や成果によって賃金が代わる」ことであり、社員にとって自らの仕事観を見直す機会となる。会社もこうした変化をチャンスとして捉え、多様な働き方のフレームを整えることにより、エンゲージメントと生産性の両立を模索していく必要があるだろう。

この課題を解決したコンサルタント
大阪HRコンサルティング本部 部長 戦略コンサルタント 北東 良之

経営理念やビジョン策定、中期経営計画策定を軸に、方針管理制度、予算管理システム、人事評価賃金制度構築など、中堅・中小企業を主なクライアントに経営システム構築を支援。事業承継案件も多数手掛け、「会社をつぶしてはならない」の信条のもと、持続的成長企業づくりを目指し、改革・改善に取り組んでいる。中小企業診断士。

コンサルタントEYE 一括ダウンロード

人事に関するより細部の課題をタナベ経営のコンサルタントの視点から解説しています。
印刷して社内回覧用等にもご利用いただけます。
是非互ご活用ください。

この資料をダウンロードする